« 作詞家ピエール・ドラノエ永眠 pierre delanoe | トップページ | あけましておめでとうございます »

もうすぐ新年2007

Cimg39480022 今年の学校休暇は、23日金曜・・・”の授業後”から始まりました。おおよそ日本と同じです。おそらく、それにあわせて、子供連れの家族などは、バカンスに出かけるのでしょう。家族と食事に、という人もいます。仕事人は、一度はこちらの家族、2度目は違う家族、友人とパーティーと、ノエルと新年を上手に使い分けているようです。

ところで、古臭い感じがしていた「電飾」も、去年あたりから小さい電線が入り、すっかりアメリカ風になってきました。私は好きです。2000年にアメリカに行ったときに目を見張りましたが、その頃には、まだ、あの小さい電線、パリで売っていなかったように記憶しています。アメリカの田舎の大きな家での電飾は似合います。しかし。フランスの素朴なの田舎の古い家での装飾は・・・いまいちわびしいという気も。ほどほどの住宅街で派手にやってくれている家庭をみると、なかなか見ごたえがあります。(写真はパリ18区役所。)

さあ、いよいよ年の瀬・・・とはいっても、パリはなんとのんびりしたことか。ノエルことクリスマスで、一騒ぎ済んだような気分なのです。

フランスのテレビでおかしいのは、レギュラー番組も学校休暇とともにお休みになってしまうということ。それはもう、きっぱりあっさり・・・そして、子供の向けの番組(ひたすらアニメ)やら、なんというこもない特集などを流しています。なぜか、タケシさんの番組も放送されました。一応、一年を振り返る番組もありますが、なんとなく今年はあまりおもしろくないことが多かったような気がします。(いつものように!?)

今までの、私の不思議な新年の迎え方。

たしか1992年から93年へのかけての新年は、友人とシャンゼリゼへ乗り込みました。もう、ひたすら寒かったこと、にぎやかだったことだけ覚えています。カウントダウンをして、そのときは誰とでもキスをしていい、という風によく聞きますが、そのときは、お誘いはなかったなあ。でも、このとき以来、外へは行きません。まだ、パリ生活に慣れておらず、緊張した年明け・帰宅でした。

たった一人で年越しをしたこともあります。友達はいたのですが、みんな、彼氏がいたのよね・・・体調も崩し、一階下では年越しパーティーをしているようで、一晩中にぎやかなのに・・・さびしい思いをしました。

新年を地方のシャンブルドットで迎えたこともあります。そのときは、大規模なパーティーのミュージシャンとして、歌いに行きました。でも、会場がとっても寒くて寒くて・・・しかも、途中で停電。12時を回るときに電気を消すことは多いようですが、それではなかったのです!新年は、仕事をいれないようにしよう・・・と思ったことでした。

2fondusuisse ノエルのパーティーは、家族が集まっての食事、新年のパーティーのお誘いは、どちらかというと、友人同士みたい、という印象です。フォンデュパーティーとなることも。

ところで、声をかけてくれる人は喫煙仲間が多く、喘息気味になってしまった私には、タバコの煙は耐えられないもの。今年は完全に断りました。2006年を迎えるときは、子供とふたりっきりでした・・・テレビでムーランルージュのショーをみながら・・・

でも、できれば、個人的には新年は地方で迎えたい。パリでは、爆竹を鳴らす人が多くて、アパート内の内庭にまで、飛んできます。うるさいんです。

ごおおんと鐘の音で迎える、静かな年が恋しいです。

クリスマスツリーなど、クリスマスの飾りつけは、まだまだそのまま。エピファニーと呼ばれる1月の日までは、どこもそのままですので、うちも、ちいさなツリーを出しっぱなし。正月用の飾りはありません。ノエルには、薪の形の小さいケーキ、エピファニーにはガレット、とそれぞれのお菓子があります。でも、年末には、両方とも売られているみたいです。

「日本ではノエルを祝うの?」とフランス人に聞かれると、「もちろん大商業祭よ」とつい答えてしまいます。でも、まだ祝日にはなっていませんよね?ノエルは、あくまでも、フランスでは祝日。

1月1日も、もちろん祝日。2007年は日曜日ですね。クリスマス休暇が遅めに始まったので、学校の再開は日本並みに1月8日から。2005、2006年は、休暇がもっと早く始まり、2学期の開始は1月3日だったのです!(このせいでしょうか、今年はのんびりできるのは?)

学生生活が長く、しかも卒業後も高校で講師をしていた私には

「正月三が日」及び「1月8日再開」

というのが、しっかと染み付いており、いまだに、「1月は3日まで休むもの」なのです。

すみきった青空、冷たい空気、風の中、新年はしみじみと迎えたい。

Cimg39310005 どんより曇り空が続く中、ノエルと新年がやってきて、突然ワーッと飲んでさわいで、(このときばかりは、みんな結構酔っ払っています)、翌日けろっと忘れたように始業!?今年なんて、2日が月曜なのに・・・3日からレッスンが始まった2006年、1週間の間、みんな疲れてノリが悪かったです。(コレは珍しくある晴れた日に)

Cimg40170002 チーズ(冬限定のモンド-ル)・ワイン・パンの豪華3点セット。生牡蠣もいいけれど、私はどうも普通のゴハンがいいみたい。えーと、おもちはどこへしまったんだっけ・・・?もうなかったっけ?

ではみなさま、よいお年をお迎えください。

|
|

« 作詞家ピエール・ドラノエ永眠 pierre delanoe | トップページ | あけましておめでとうございます »

「パリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181785/4719719

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ新年2007:

« 作詞家ピエール・ドラノエ永眠 pierre delanoe | トップページ | あけましておめでとうございます »