« あけましておめでとうございます | トップページ | 恋の病 »

ダリダという歌手

ダリダは、日本で言うと、誰だろう?歌唱力は高く人気も高い、外人女性歌手。もともとエジプト出身のイタリア人なので、フランス語はなまりが強い。カリスマ性も強く、70年代ごろの派手なファッション、髪型も印象が強く、よく、お笑いやら物まねのねたにされる。その歌った曲は400曲以上。

買い物をしていたら、彼女のうたった、「べザメ・ムーチョ」が、どこからか、聞こえてきた。この曲も、フランスではあまりにもポピュラーで、ポピュラーすぎて、いつも、聞き流していたけれど、

ダリダが歌うと、説得力がある。フランス語はなまっているまま、その芝居がかった歌の世界こそが、物まねになってしまうのだけれど、それこそがダリダの世界。文章でかけない、これが、アーチスト、という世界。

彼女は、自分でさびしい人生を終えてしまったらしい。

ダリダの時代は、歌手がみな、歌える人々だった時代だ。そして、今改めて当時のビデオクリップなどを見ると、歌えるだけではなく、たいていの歌手は本当の意味で歌手であり、なおかつアーチストであった・・・という、強さと質を感じる。

日本で人気のほどは知らないけれど、少し前の歌手なら、ダリダをお勧めします

|
|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 恋の病 »

「ダリダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/181785/4892511

この記事へのトラックバック一覧です: ダリダという歌手:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 恋の病 »