« ラヴィアンローズを歌うなら | トップページ | 雑歌屋更新いたしました »

ダリダの死後20年そして新しい歌声

「許してください、人生に耐えられない」と遺書を残し、歌手ダリダが旅たって20年がたちます。よき友人であったというパリ市長、ドラノエ氏により、パリ市は「ダリダ展」を開催しています。

5月8日~9月8日まで

市庁舎サンジャンホール(Hôtel de Ville - Salle St Jean)

入場無料 平日のみ、土日休み10時~午後7時(6時15分に閉場)

ダリダ展(パリ)

ダリダが歌った中で、日本で有名な歌は「パローレ」「18歳の彼」「歌い続けて」などでしょうか。「歌い続けて」はおそらくmourir sur scene(死ぬのは舞台で)フランス語で歌っていくと、あらためてインパクトの強さを感じます。私がまだ日本にいた頃に、シャンソンの生徒さんが持ってこられたのがこの曲でした。全部思い出せないのですが、「もしも選べるのなら舞台の上で」という日本語の歌詞は強く印象に残っています。

さて、前にもご紹介したオーディション番組は続いています。ジュリアンと言う男性歌手がこの曲を歌いました。直前のリハーサルでも満足していなかったそうですが、本番になって、「何かがおき」この歌を本当にわかった、というジュリアン。彼には珍しく、歌い終わったとも、その世界に引きずられたままのような表情を見せていました。心臓につきささるような演奏でした。

とっても個性の強い、自分のやりたいことをはっきりわかっている彼。好き嫌いがわかれそう。

ジュリアンによるmourir sur scene

うまくできない場合はこちらで。

http://www.musicbrigade.com/templates/VideoPage____7330.aspx?VideoID=2858950

パリのシャンソン教室

フランス人の先生とフランス語でシャンソンを歌おう♪

|
|

« ラヴィアンローズを歌うなら | トップページ | 雑歌屋更新いたしました »

「ダリダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラヴィアンローズを歌うなら | トップページ | 雑歌屋更新いたしました »