« 雑歌屋更新いたしました | トップページ | 美しい・・・6月 »

ダリダの生涯

ダリダの一部の人生を垣間見るルポ番組をやっていました。20年前になくなった歌手ですので、昔の白黒の録画を中心につづられていました。なんて美人なのでしょう。体の線はいつ見てもすらり、現代の理想風。いつ見ても・・・

本名はヨロンダ、エジプトで生まれたイタリア人。エジプトのオケの第一バイオリニストだったお父さんは2歳の時になくなったのだそうです。ミス・エジプトとなり、ダリらの名前で映画の世界へ。そして、アメリカまで行くのはちょっと大変だったので、パリへ来て一年後にはダリダが誕生しました。

恋愛には恵まれず、恋人には死の影がまとわりつきます。サンレモ音楽祭に曲を提供した彼は、音楽祭で認められなかったのを悲観したのか、自殺。そのときの曲を歌うダリダ・・・をみつめる、白黒画面のダリダが写されました。「歌うのはいいけれど、聞くのはいや」といいます。肩が震えています。

「この画面をカットしましょうか?」

「いいえ、どうして?」

生きてきたこと、悲しいことは全部、忘れることはない。つらいことも、そのあとの学びになっている・・・というのがダリダです。

大昔、ギリシャには「悲劇女優」トラジェディーの舞台俳優がいました。「ダリダはトラジェディを歌う女性だ」という声が何人ものタレントから聞かれます。画面で見れば、隙がないのがわかります。”恋するジジ”が、心に痛くつきささってくるのも、そこに歌手以前に”女優”がいるからこそ。

一度の自殺未遂のあと、彼女はいっそう深く自分をみつめました。歌を聞いた人に「あなたの役目は、この声と歌で、人に幸せを与えることにあるのだよ」といわれたそうです。

結婚し、子供をもって母になることを望んだ、普通の人生を求めていたヨロンダもいます。世の中から愛されたダリダもいます。ヨロンダとダリダ、ふたりはどこまでもよりそっていたのでしょう。

|
|

« 雑歌屋更新いたしました | トップページ | 美しい・・・6月 »

「ダリダ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんばんは!

ダリダを検索していたら、ここに辿り着いた通りすがりのものです。

また立ち寄らせて頂きますね。

応援しています♪

投稿: 奏弦 | 2009.01.20 02:12

こんにちはw
教えて頂きたいのですが^^
dalida site officielのTOPで流れている題名を
ご存知の方 いらっしゃいましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

投稿: ikur | 2009.10.07 16:25

dalida site officielのTOPで流れている題名
曲が変わりました^^;ので 教えて下さい・・は 取り下げますw
世界の音楽ブロッグ でダリダを取上げてましたので、各国のリンクを のんびり探してみます

時々 遊びに来ますので、更新を楽しみにしています^^y 
有難うございました。

投稿: ikur | 2009.10.26 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑歌屋更新いたしました | トップページ | 美しい・・・6月 »