« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

ヌガロ~トゥルーズ~

ヌガロが出身地を思って作った曲、トウールーズ。ここは、ばら色の街と呼ばれます。土地で取れる石がピンク色なので、建物がピンクなのです。ただいまこの曲を生徒と練習中。特に高い音があるわけではないけれどけっこう表現力も必要です。彼にとっては懐かしい街なのでしょう。愛情をたっぷり感じる歌詞です。なのに・・・

石畳にみえかくれするガス管

そんな文章で、私はつっかえてしまいます。胸が。

あの9月11日アメリカの大騒ぎからきっちり10日後、この街では大爆発がありました。テロではなくて、結果的には、工場の爆発だったようですが、爆発力は相当で、被害は大きなものでした。長期間家に住めなくなった人、工場で亡くなった人・・・

石畳が壊れた様が連想されて、そのときのショックがよみがえります。ヌガロはその頃は生きていたので、街の援助のために歌いました。

また美しい街に戻ったのかも知れませんが、あの事件は、住民の心から消えることがないでしょう。

| | コメント (0)
|

パリよ、ストに燃えているか!?

こちらにはご無沙汰しておりました。涼しい夏、パソコンが壊れたり、学校再開したり、ばたばたしているうちにすっかり寒くなり、気がついたら、時間変更が迫っていました・・・ココログもなかなか慣れズ、取っ付きが悪いのです。

私は余り元気ではないこの頃です。寒さのため、関節リウマチ一時的に爆発。といっても軽いものですが・・・10月は、まだ暖房がいきわたるわけではないため、場所によっては、つらいことになります。

さて、シャンソン情報?

ちょっとテレビを見ていないと、どんどんわからなくなります。以前にご紹介したジュリアン・ドレは、「ロリータ」をともかくレコーディング、発売。男性版ロリータ「ロリート」と野タイトルで、プレイボーイ誌に写真まで載ったそうです。確かにニンゲンとしても魅力あふれる彼。

クリストフ・ウイレムのほうも、今年4月に待望のアルバムを出し、すでに、3曲目のクリップが流れています。今は、アルバムに全部入れておいて、そこからひとつずつ流していくんですね。昔、アルバムというと、その中から一曲だけヒット国があるという感じでしたが・・・

クリストフ・マエも同じくヒット中。甲高い特徴のある声、元気なヴォーカル。

男性ばかりですね・・・女性はアメル・ベンツを上げておきましょうか。

以上、クリストフ。前を除く歌手たちは、みなnouvelle star出身。同じテレビ局M6では、現在「ポップスター」を放映中です。(ワタシは見ていません)もう3,4年前にもあった番組です。オーディション式ですが、一年目の女性5人組は大成功、2年目は大失敗(らしい)、3年目も悪くなかったけれど、その中のM・ポコラが独立、グループは解消。しばらく番組も姿を消しました。

それが復活。R&B中心、ヒップホップ中心、という感じです。詩を書き、曲を作るアトリエまであるようです。ダンスの先生ミア・フライが取っても魅力的なので見たいのですが、うちは、テレビが今見られない状態!

そしてもう一つのテレビ局TF1では、「スターアカデミー7」が始まったばかりです。しばらく前に優勝しデビューしたグレゴリーは、もうかなたの人となってしまいました。選手に少し見ることができましたが、個性的な人がますます増えているようです。仕事の日なのでこれからはぜんぜん見られないのが残念です。

10月18日(水)には、ストがしっかりと決行されました。それだけでは物足らず、翌日木曜も。私は木曜にしっかりとばっちりを受けました。

今週は、エア・フランスのストです。観光大国なのに・・・バカンスに出かける人々の足を邪魔して、何がおもしろいのでしょうか。権利といいつつストをする、この神経は、私には障ります。ただでさえ100パーセント流れているとはいいがたいメトロ。庶民の交通手段を人質にとって何が嬉しいのでしょう。旅行のかたも不安かもしれません。

それにしても、我が家では、時計が落ちて壊れました。そして、テレビも・・・アパート全体のアンテナのせいらしいですが、とりあえずまともに見られません。なくてもいい、と思いつつ、いまさらながら条件付けされているのを、ひしひしと感じました。

文明生活に戻る日はいつ?

いや、パリの一部の人が文明をわかるのはいつ?

| | コメント (0)
|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »